ホームインスペクション

そねべーすでは、中古物件を購入しリノベーションするあなたを応援するため住宅診断士の資格を有しています。購入しようとしている住宅を第三者的に見極め、改修すべき箇所や時期、おおよその費用などを算出します。

dot.png

インスペクションとは

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場からまた専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。病院に例えるなら「健康診断」にあたります。

これは、今後増え続ける空き家問題対策として、建築士向けに導入さたインスペクションという資格制度で、既存住宅の性能評価を一般化させることで、中古物件として流通しやすくさせることを目標にしています。2018年4月から、中古住宅取引の際にホームインスペクション(住宅診断)の説明が義務化されます。

 

 

中古物件を購入してリノベーションしようと思われている方へ

ホームインスペクションをすることで、不具合が後から発覚して予算が大幅にかかってしまったという事態も避けることができます。

 

 

最後に

二級建築士である大工の私もこのインスペクションの資格を取得しましたが、丸一日の授業と試験のみで簡単に取得できる資格で、この制度を早く浸透させたいという国の空き家対策への取り組みの大きさを感じました。「専門的かつ客観的な査定基準」を普及させようとするこの制度に対する期待値は大きくなりますが、住宅の場合、車で言う「同じ車種」にあたる「同じ住宅」というものがないぶん値段が付けにくく、よりきめ細かい査定方法・査定項目が必要になり、それにより適正な値段をつけることが一般普及して初めて、中古車業界並みに流通の高さが実現するのかもしれません。